ヌーヴ・エイ メンバーズフェスタ
ヌーヴ・エイ メンバーズフェスタ
備考欄に「リユース希望」で10%OFF!5月10日まで

サングラスとメガネでUV対策

穏やかな日差しに愛おしさすら感じてしまう今日この頃。でも、忘れちゃいけないのは陽射しが秘める危険性。まっ先に肌のケアを想像しがちだけれど、実は目も日焼けすることを知っている人は意外と少ないかも。しかも、肌と違って無防備な分、危険性は思いのほか高いよう。となれば、必要なのは目を労わる確かな知識とそれをフォローする頼もしいサングラス。さらにおしゃれなイメージまで上乗せできたら、最高でしょ?

UVって何?

ABOUTUV

巷でよく耳にするUVは“UltraViolet”の略。つまりは紫外線のこと。主に3種類ある太陽光線の一種で、中でもUV-A波、UV-B波は人体にとって有害なため相応の対策が不可欠。

紫外線3種類のイメージ

肌だけじゃない!! 目の日焼けにもご用心

紫外線にはUV-A波、UV-B波、UV-C波がある。C波はオゾン層に大半は吸収されるものの、A波とB波は地上に到達し人体を攻撃。肌だけでなく、目のトラブルも引きおこす。

日常にサングラスは必要だ

目

保護層のある肌とは違い目はノーガード状態

角質や皮脂膜のように、肌にはかろうじて刺激物や微生物の侵入を防ぐ保護層がある。ただ、目は直接紫外線の影響を受け、角膜に直接ダメージを負ってしまう。それが、強い痛み、眩しさ、涙目といった症状の要因に。

陽射しと目

蓄積したダメージにより目は危険な状態へ

まず、陽射しとともに目へと到達した紫外線は、眼球表面の角膜によって大半は吸収される。そこを通過するとレンズの役割を担う水晶体がさらに吸収。残る数%の紫外線はやがて目の奥の網膜まで到達してしまう。その時脳は…。

命令をくだす脳

強い紫外線に対応すべく脳が各所へ司令!

紫外線(UV-B波)は光の中でもとりわけ強いエネルギーを持っている。そのため、脳はより強烈な日差しが目に入ってきたと判断。その攻撃からDNA細胞を守るべく、メラニン色素をより分泌させる命令をくだす。そうすると…。

肌の色に変化が生まれ、目にはダメージが蓄積

見過ごせないダメージ。肌の色は変化し目も…

メラニン色素が過剰に分泌されると、その影響から肌の色は徐々に変化。やがてはシミやソバカスの原因に。また、目にも小さくない爪痕が残る。そのダメージの蓄積が、のちには目の病や老化の促進にもつながってしまう。

PICK UP
NEW ITEM!
(1)
TREND

TREND

POKER FACE RECOMMENDED SUNGLASSES

旬を知ってこそ掛け“味”を存分に楽しめるってもの

食材が本来備える最良の味を堪能するなら、食べごろをよく理解しておくことが大切。サングラスでいえば、「薄色レンズ」「クリアフレーム」「緩いラウンドシェイプ」がまさにそれ。確かに、濃厚なカラーレンズが放つインパクトは、薄着を前提とする夏のコーディネートにはことさら嬉しいもの。ただ、淡いカラー特有のポップさや軽やかさは海と街の境界線を軽々と飛び越えてくれるし、カラーバリエーションの豊富さが選びの楽しさをもたらしてくれる。クリアフレームはレンズのカラーをさりげなく引き立てながら清々しさを盛り上げ、マイルドなアウトラインを描くデザインが優しい表情をにわかに作りあげる。そんな旨味たっぷりの旬な味、是非ともご賞味あれ。

PICK UP
NEW ITEM!
(2)
Ray-Ban & OAKLEY

TREND

POKER FACE RECOMMENDED SUNGLASSES

時を経ても色褪せない名作の恩恵にあやかりたい

移り気の激しいファッションシーン。その変わり身の早さからして、新たなトレンドの誕生は風化の始まりと言わんばかり。だからこそ思わずにはいられない。数十年の時を経て、いまだ存在感を放つ“名作”の素晴らしさを。例えば1950年代に誕生した「ウェイファーラー」。『レイバン』が誇る不朽の名作は、いまだサングラスの定番であり続けている。’80年代に彗星の如く登場した「フロッグスキン」も一緒。『オークリー』の中でも異彩を放つ一本は、今年で35周年を迎え、メタルヒンジや配色などデビュー当時のモデルにインスパイアされたアニバーサリーモデル(9444)をリリース。いつまでも色褪せないその風格とかっこよさに、また今季も身をゆだねたい。

PICK UP
NEW ITEM!
(3)
PARENTS & CHILD

TREND

POKER FACE RECOMMENDED SUNGLASSES

名門ならではの凛々しさを、ぜひ我が子にも

80年以上の歴史を誇る『レイバン』。老若男女問わず根強い人気を誇り、「ウェイファーラー」や「クラブマスター」など数々の名作を世に送り出してきたことでも知られている。若き日も、そして親となった今でも、その洗練された佇まいに随分とお世話になってきたはず。そんな名門にキッズ用があることは知ってた?ラウンドメタルのRB3447(写真上)は、’60年代の伝説的ミュージシャンが掛けていたモデルからインスピレーションを受け製作されたもの。RB4259(写真下)は、日本人の顔に合うよう設計され、軽量かつ弾力性のある素材で作られたNEWスタンダードモデル。どちらもキッズ用がラインアップされ、親子で楽しめる。おませな我が子のニンマリした顔が目に浮かびそう。

あなたはクリア?
それともカラー?

CLEARorCOLOR

サングラスは太陽の光を柔らげ、紫外線を遮ってくれる心強い味方。その印象が強いからか、クリアレンズのポテンシャルに気づいていない人が多い。実はクリアレンズも…。

UVカットはサングラスの専売特許と
思ってない?

CLEAR LENSクリアレンズ カラーレンズCOLOR LENS

【 クリアレンズ 】

意外なポテンシャルに
春夏の活躍も確約!?

知っておくべきはレンズの機能性を示す指標、「紫外線透過率」と「可視光線透過率」。クリアレンズは確かに太陽光線を透過する。眩しいのもそのためだ。しかし、紫外線はカットしてくれるレンズもある。大敵から目を守るのに色の有無はさして重要ではないのだ。

【 カラーレンズ 】

眩しさと目のダメージを
軽減する心強い味方

カラーレンズもまたクリアレンズ同様「紫外線透過率」に優れる。そして、想像通り「可視光線透過率」にも優れる、実に頼りとなる相棒。その数値は低ければ低いほどまぶしくはないことを表し、色の濃度が増すほどに値は良くなる。ただ、その分活用シーンは限定的。

PICK UP
NEW ITEM!
(4)
PAIR OF
CLEAR & COLORLENS

TREND

POKER FACE RECOMMENDED SUNGLASSES

洗練のクリアか、ファッショナブルなカラーか

アメリカン トラディショナルを背景に、モダンかつアヴァンギャルドなアイテムを展開するNYの実力派、『トム ブラウン』(写真上)。多くの著名人が愛したアメリカを代表するメガネブランド『モスコット』の名作、「レムトッシュ」(写真下)。個々の“スタイル”を演出するうえで欠かせないアイテムたちは、クリアレンズとカラーレンズの両方を用意。レンズを変えればクリアでも紫外線はカットできるし、日差しまでフォローするならカラーレンズはうってつけ。どちらも同じフレームデザインで普段使いにはもってこいだけれど、片や洗練された雰囲気がコーディネートに大人っぽさをもたらし、片やレンズに添えた彩りが軽快さと抜け感を演出してくれる。さあ、あなたの好みは、どっち?

クリアレンズでUV対策をするために度なし/度付きのレンズを入れてくださいREAD MORE

POKER FACE EXCLUSIVEEyevol × POKER FACE

Eyevol × POKER FACE

“着る眼鏡”への別注は唯一無二の仕上がり

ありのままでも素敵な個性に、異なる“色”を加えることで新たな一面を知ることも。それをこの別注モデルが教えてくれる。『アイヴォル』はメガネをファッションとして昇華させた第一人者、『アイヴァン』のアナザーライン。発表当初から多くの支持を集める代表作、「コンロン」「ヒース」「レイファー」は現在Ver.02まで製作され、今秋には待望のVer.03が登場予定。それを今回は先出しで『ポーカーフェイス』にて展開する。テンプルの内側や偏光レンズをグリーンに変更。いつもなら別売りのケースもセットになり、付属するセリートは非売品とスペシャルな要素満載。