ブラックフライデーセール 10%OFF




長年続く歴史ある地場、高い技術を持つ職人によって
生み出される国内のモノ作りも
今や希少となりつつあります。

日本で生まれた良品を、
「使い」「感じ」「伝え」残していく。
日本の文化として未来へ繋いでいく事が
私たちの願いです。







7月からお届けしている日本の良いモノを伝えていく「ツナグ」企画。
第二弾の今回は、2017年よりスタートした「CHICSTOCKS(シックストックス)」。
そのお洒落で洗練されたムードを放つブランドのソックスは、大人が粋に楽しめるデザインが多く、
ファッショニスタにも定評のあるブランド。
そんなシックストックスのソックスも、奈良県でひとつひとつ丁寧に作られています。







CHICSTOCKSとは
「ソックスからその日のスタイリングを考える」をコンセプトに2017年よりスタート。
メイドインジャパンに拘り、国が定める基準を満たした医療用ソックスも生産する工場で編み立て、縫製、仕上げまでを一貫して行っています。
また、シックストックスの靴下は奈良県の工場で生産を行なっています。
奈良県は古くから「大和木綿」の栽培が盛んな地域で、明治時代になると海外から靴下編機を導入し靴下の生産が始まりました。
近年は海外生産が台頭し、日本製の靴下は減ってしまいましたが、現在も奈良県は日本一の靴下の産地です。






商品の生産について
シックストックスの定番ソックスは200本の針を使い編み上げていきます。
足底にパイルが入っている為、糸の使用量も多く編み上がりまでに時間が掛かりますが、 その分クッション性の高い柔らかい肌触りのソックスに仕上がります。






エンドユーザーへの心遣い
また、履き口の締め付け具合や、柄の再現は職人の細やかな調整によるもので、 トライアンドエラーを繰り返しちょうど良い加減を見つけていきます。






製品へのこだわり
近年日本ではソックスを編む機械や、職人は減少していますがより良いソックスを作る為に、編み機の製造国であるイタリアでの研修や、技術継承の為教育も日々行なっています。









そんな、こだわりと職人の靴下への想いが詰まった「シックストックス」と、
「コレクターズ」のコラボレーションソックスが数量限定で発売することが決まりました!






シックストックス初のローゲージソックス。
シックストックスの仕様はそのままに、通常のソックスよりも厚手の仕上げ。
普段使いだけでなく、アウトドアでも着用できる機能性を備えたソックスが完成しました!


 


カラーはシックストックスの定番モデル「ライン」の人気カラーを踏襲し、
アイボリーベースのボーダー柄で、ブルー、レッド、ブラックの3色展開です。






カラー:アイボリー×ブルー
サイズ:L(26-28cm) ※Lサイズのみ
価格:各¥2,000 +税








カラー:アイボリー×レッド
サイズ:L(26-28cm) ※Lサイズのみ
価格:各¥2,000 +税










カラー:アイボリー×ブラック
サイズ:L(26-28cm) ※Lサイズのみ
価格:各¥2,000 +税















コレクターズでは、シックストックスのインラインソックスも多数取り扱っています。
ぜひあなた好みの1足を見つけてくださいね。











「ツナグ」企画の第一弾はコチラから▼▼▼