ヌーヴ・エイ メンバーズフェスタ

簡単!革財布・バッグなどレザー製品のメンテナンス方法

誰もが一度は気にしたことがある「革製品」のお手入れ方法。
コレクターズでもたくさんの革製品を扱っていたり、メンテナンスグッズも販売しています。
気に入って使っている財布やバッグもメンテナンスをすることでより美しく、より長く使用することができます。
家の中でゆっくりできる時間がある時だからこそ、お手持ちの革製品をお手入れしてみませんか?
簡単にできるメンテナンスの方法をご紹介します。

革製品について

使い始めの革製品にはほとんどの場合、オイルや栄養分が十分留まっており、特に何もせずそのまま使用していただくことができます。

スエード素材のものや汚れがついた時のお手入れが難しい製品には防水スプレーの仕様は OK かもしれませんが、余分なオイルやクリームを含ませることで皮革のコシをなくしてしまい、汚れやカビの原因になってしまうこともあるので、まずはそのまま使用していただくことをおすすめします。

まずはご自分の手指の油で革が馴染んでいくのを楽しんでみてください。

革製品

メンテナンスのタイミング

オイルをしっかり含んでいる革製品なら日ごろのお手入れはブラッシングだけで十分。ホコリを取り除き、表面を整えるだけでも小さな傷も目立たなくなります。
さらにクロスなどで乾拭きすることで自然な光沢が生まれます。

革製品

お手入れ方法

オイルやクリームを塗ってのお手入れは、傷がひどく目立ち始めたり、乾燥が気になったタイミングで大丈夫です。使用頻度やどういった状況で使用したかにもよりますが、おおよそ 3 ヵ月〜 1 年くらいでお手入れを開始する方が多くなっています。

※乾燥や水に濡れてしまった場合は早急なお手入れが必要です。

メンテナンスグッズ

STEP1ブラッシング

ブラッシング方法前述していますが、ブラッシングを行うことで革表面についた汚れや細やかなホコリを取り除いたり傷を軽減し、肌理 ( キメ ) を整えることができます。優しくなでるようにブラッシングを行いましょう。縫い目の部分はホコリがたまりやすいので念入りにブラッシングを。

ブラッシング

STEP2オイル・クリームを塗る

オイル・クリームの塗り方柔らかな布、もしくはメンテナンス用のクロスに少量(小指の爪くらい)を取ります。財布や名刺入れなどの革小物にはごくごく少量(小指の爪半分くらい)で OK です。

オイル・クリームを塗る

まずは目立たないところから最初の塗り始めにたくさんのクリームやオイルを塗ってしまうと濃いシミのようになってしまう可能性もあるので、目立たない場所でクリームやオイルが染みていくのを確認することをおすすめします。

本格的に塗る前に目立たない隅の方で試してから徐々に内側〜全体に馴染ませていきましょう。
普段手で触る機会が少ない場所などは乾燥している場合があるので要チェックです。

オイル・クリームを塗る前・塗った後

STEP3乾かす

陰干しで30分〜1時間程度乾かすクリームやオイルの種類によりますが、比較的風通しの良い日陰に置いて乾かします。早く乾かすためにドライヤーなどは使用しないようにしましょう。水分や油分が蒸発してひび割れの原因になります。

※乾かす前にもう一度ブラッシングすることで塗りこんだクリームやオイルが革に馴染みやすくなります。

乾かす

STEP4乾拭きする

クロスで乾拭き最後に革製品に残った余分なクリームやオイル、ホコリを落とすためにクロスで乾拭きしましょう。乾かしている間にホコリが付いてしまうことがあるのでおすすめしていますが、そこまで気にならない場合は省いても問題ありません。

乾拭きする

FINISH防水スプレーで水濡れ対策

購入後すぐ使い始める前にも今までのメンテナンスの最後に夏場の汗や雨などの水濡れ対策として防水スプレーを使用することをおすすめします。

※財布を持ち 30cm 程離れたところから財布全体にスプレーをかけましょう。一度防水スプレーを掛けたら乾くまで触らないように気を付けます。この工程を 2 回繰り返すことで、より一層防水性が高まります。

防水スプレー